信頼あるモノづくりへの追及

各部門紹介

  • HOME »
  • 各部門紹介

NC(数値制御)マシニングセンタ

マシニングセンタでは、縦型6台、横型1台を活用し、鋼材は元より、アルミや銅等の単質材料はもちろんの事、異質材料を貼り合わせた高価な複合材の切削加工、溝加工、タップ加工、穴あけ、形状加工等、高品質(ミクロン=1/1000mm)に仕上げる加工を行っています。

 


汎用機械加工(多品種少量対応)

大量生産が主流になっている現代ですが、弊社は熟練作業者によって、フライス、旋盤、ボール盤等々の汎用機械を駆使し、多品種少量生産加工も受け賜っています。一個からお受けいたします。また、単能機を4台所有し、鋼材以外の材料で面加工する場合、磁気でも、チャックでも製品保持出来ない、極薄材を弊社独自の方法でチャックし、ミクロン(1/1000mm)の高精度、高面精度に仕上げ加工しています。


ウォータージェット加工

ウォータージェットを2016年に導入しました。水のエネルギーを利用した地球に優しい究極の工作機械です。特に、鋼材と銅やアルミ、樹脂等々軸受素材として使われている複合材は材料として高価ですが、複合材に限らず、鋼材、銅系、アルミ、樹脂等々硬い材料や軟らかい材料等様々です。材料コスト低減に、又、削り出し時間短縮に効果的です。NC(数値制御)プログラムを組み複雑な形状の切り出しが可能です。一度お試しください。


ワイヤーカット加工

極細のワイヤー電極との間の放電現象を利用して、鉄やステンレス等の導電性素材を精密に切る加工です。

加工材は導電材であれば、どんな硬い物でも加工出来ます。ワイヤーのみで図面に合わせたプログラムを組み、様々な複雑で微細(ミクロン=1/1000mm単位)形状の加工が可能です。

 


小径から大径までR形状の加工が可能なNC(数値制御)平面研削盤

高度な寸法精度や高度の品質面精度を要求されているR形状を小径は、1Rから大径は無限大Rまで、NC(数値制御)プログラムによって、ミクロン単位で加工致します。

凹R、凸R共可能です。


 

平面研削盤

平面研削盤は8台所有し、磁気でチャック出来ない特殊材料(銅、アルミ、樹脂等々)は、弊社独自のチャック方法を開発し、ミクロン(1/1000mm)単位の量産加工を行っています。

 

 


完成部品検査

弊社は主に自動車部品を製作していますが、肉厚制度はミクロン(1/1000mm)単位が必要です。自社で開発し設計、製作した自動測定器で全数検査を行っています。また、拡大鏡でキズなどの検査を全数選別しています。専用検査器で完成した製品は、側定数の集計、検査成績者を作成し、検査、梱包、出荷する一貫した検査業務を行っています。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 0568-67-0669 受付時間8:30-17:00

PAGETOP
Copyright © 山田精密株式会社 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.